ぱけちゃん、おしゃまなの。

ふざけながらも世間を切るんだ、はてなブロブ版

記憶は時に自分のモノじゃないみたいだ。

赤平の平岸病院に3日ほど寝泊まりし、

その後、線香を絶やさないように2時間毎に目を覚ます生活を1週間ほどしていた。

……夜の頻尿で目覚めることも役に立つ時があるものだ。

 

4月あたりの社会復帰前にじいちゃんのところに行ったら、

いきなり歩行器を使って歩いていたのでびっくりした。

足がうまく動かなくてころんだんだわ、とか、

肺にガンがあるんだわ、とか

そんな話を聞いて、まめに赤平に通い出す。

何しろ家のかみさんが大のじいちゃんファンだったし。

 

GWに家に行ったのが最後で、

その次からは病院に見舞いに行く事になった。

 

本人が脳転移を理解していたか今となってはわからないのだけど、

右半身が麻痺し、傾眠がつづくようになり、点滴で栄養を入れるようになり

顔を出しても、タイミングが合うとこちらをじーっと見ていることがあった。

 

先週火曜日、今晩もたないと連絡があり仕事を放棄して駆けつけると

そこからじいちゃんは24時間以上ずーっと目を開けてアチラコチラを見ていた。

うちの妹が子供を連れて行ったので、ひ孫初面会でもあった。

角度のせいかもしれないけど、ひ孫を見るじいちゃんの目尻はちょっと下がったような気がした。

 

うちら夫婦と泊まり込みでずーっと赤平で介護をしていたおばさん夫婦は、

消防団員もやっていたくらいのガッチリしたじいちゃんがだんだんとやせ細って

面影をなくす姿を徐々に見てきたけど、

急遽集まった親類は多分、控えめに言っても凄くショックだったと思う。

 

翌日以降、目を開けていたけど瞳のひかりは消えていき、ものの動きを追わなくなってきて、

最後はばあちゃん、娘三人、孫二人、孫の嫁一人に声をかけられながら息を引き取りました。

というか、死の瞬間というのはとっても曖昧で、死亡宣告を受けても、動いているような気がしているし、徐脈だけどモニタは反応しているし、

自分のことはともかく、親しい人の死というのは受け入れがたいものみたいだ。

 

生きている人は玄関から帰り、

亡くなった人は、地下の車庫から家に帰る。

病院というのはそういう風にできているんだなぁ。

 

悔やまれるのは、体力があるじいちゃんは、危篤宣告から3日ほど頑張ってくれちゃったので、パキシルを持参することを忘れてしまったせいで、

かなり離断症状に悩まされて葬儀に参加しなければいけなかったことである。

全くもってポンスケである。

……ヒュミラを注射する週でなかっただけマシだった。

 

ばあちゃんは老健に入所しているので、おばさん夫妻と飼い猫が主のいない家を守っている。

間違いなく、おばさん夫妻が一番つらい場所の近くに居続けており、

その苦労に恩を返す方法など全く代替の効かないものでもある。

 

これから四十九日まで、じいちゃんは色んな場所をうろちょろするんだろうな。

楽しんでほしいもんだ。

でも、足腰が悪いばあちゃんのために80歳で家を建て替え、

毎日老健に顔を出し、

今年も雪が融けたら楽に行けるように、三輪の電気自転車を注文し、

でも、家に届いた時には自分がもう乗れなくなってしまい、

おばさんがじいちゃんの見舞いに毎日使っていた。

 

ずっと呼吸が苦しそうだったから、胸をさするのが会いに行ったときのオイラのコミュニケーション方法だった。

……喋るのは苦手だからなぁ。

 

いつか、忘れていってしまう忘備録としてここに記す。

 

一人ロボトミーに足を突っ込む

今週は、お盆でもあったし全般的に仕事が暇模様。

さらに、高血圧的な体調不良とか考えてじいちゃんとこにいかなかったため

体力が余り傾向。

 

なんというか、無駄な休日の過ごし方をしてしまったものだ、

という風に感じてしまう。

 

ぼんがすぎると、一気に寒くなってくるのが札幌なんだけど。

最近は、コオロギとか鈴虫とか、

キリギリスの鳴き声が外から聞こえてくるわけでもないし

風鈴だってなりゃしない。

 

なんというか、つまらない無音の夜を

何度も何度も寝苦しくて目を覚まし、

嫌な夢を見て目を覚まし、

いったいなんと途中で目を覚まし続けるのだろう、とか考えてしまう。

 

思い返せば、

寝ているからいいんだけど、眠いとか、布団幸せという感情が無くなった。

仕事して、赤平行って

欲しいものは考えないようにして

ただそうしているだけで毎日が過ぎていくということが

つまらないというよりも、

とっても楽に感じるこの頃である。

 

ちいとばかり、心がくたばったけど

世の中的には邪魔くさい人じゃないからいいのかしらね?

 

当たり前に歳を取ることを立派だと思えることに気づくのは難しかったりした

何かと能力がない、と判断されると世知辛い世の中である。

そんなことは、昔からちっとも変わっちゃいなんだけど。

そんでも、自分が昔ほどいろいろなことを覚えられないな、と感じる歳になって

左様に感じるのである。

 

能力がない、と言えば

いつもネットじゃぁ老害とか言われるんだけど

オイラは母さんが若いときの子供だったので、肉親や祖父母が老いていく姿ということに縁もなく、親戚が亡くなるということもほとんど経験がない。

 

そんなところに、3月くらいまで自分で家を立てたり、月下美人を育てたり

庭の野菜をあらされないためアライグマとの死闘を繰り返していた爺さんが

あっという間に、寝たきりになってしまって少なくとも2週に一度

赤平まで会いに行っている。

 

会いに行っているが、週ごとに傾眠状態が顕著になり、

オイラを認識しているのかどうか、言葉もはっきりしない脳転移があるので

なんとも言えないんだけど、

別にオイラ、認識されてなくてもかまわない。

わかってくれて喜んでくれればラッキーだし、

痰が切れずに呼吸が苦しそうな時に、背中や胸をさすって

2時間程度、病室でぼーっとじいちゃん眺めているだけでいい。

 

何か気の利いたことでも話しかけられればいいのだけど

もとより恥ずかしがり屋でそんなに話す孫でもなかったし、

一人前に思春期とか反抗期とか、そんなんで随分顔を出さなくなった時期だってある。

赤の他人だったら、都合よく顔出してきたって意味ねーよ、とか言われちゃうんだろうけど。

 

で、そういう風に弱っているじいちゃんを見ていると

最初は、あんなにちょこちょこ何か作っている姿を見慣れているとショックだったりもした。

そんでも、段々と弱くなっていくというのは受け入れていけるようになったりもする。

かつてはどんな家庭も、そういう弱くなっていく肉親を見ながら

段々と覚悟が決まってくるのか、受け入れながら世間は続いてきたのだろう。

最近は、核家族はげしく、交流も少なく、

受け入れられなくなったり、反発したり、あるいは弱さと切り捨てたりする風潮が当たり前になっていたところで、

こんな生活をしていると、

弱かったりトロかったり、仕事がもたついている人に目くじらを立てるようなことも無くなったり、

物質的な欲求が引っ込んでくるようになってきたりもする。

 

人は弱くなっちゃうんだけど、

記憶の中の姿が台無しになっちゃうわけじゃないからな。

というわけで、見舞いはオイラも体力との闘いなのでしんどいんだけど

病室でぼーっと過ごす時間はわりかし好きなのである。

 

オイラが記憶も確かじゃない頃は、たくさん弱い孫をかわいがってくれたんだろうと思うと、そんだけで満足だ。

ということで、鮭ハラスメンチカツに決めました

どうしようかな~って思ったのよ。

 

僕らはハラスメント、か、ハラスメントな僕ら、か。

後者だとちょっと古くさいかなーと思ったし、色々考えたら鮭ハラスが邪魔してくるんで、そういうことにした。

 

で、

自分の含めてなんだけど、どうしてこう世の中は叩くことに情熱を燃やすようになったのかなーって思うわけよ。

叩いて落とせばなんかいいことあんのかな?

自然界の8:2の法則を考えるのなら、叩いて落とせば今度は自分に悪い方のお鉢が回ってくるかもしれないのに

なんかこう、平和になれないもんかね。

 

特に芸能人なんかは、別にオイラの世界とは一種離れたところで世界を作っているのだから

別にこちら側におりてこなくてもいいのだけど、

そういうのも含めて今の芸能界なのか知らないけど

プライベートまで切り売りしているような感じがする。

そのあたりでちょっとした粗相で、鬼の首を取ったように叩かれちゃぁ

たまんないよね。

 

嫌ならそぉっと、ぼやかしてぼやくくらいで十分気持ちの整理をつけることなんて可能なんだけど。

 

人は管理したがる性質があって、

それが顕著に現れる人の方が多いみたいだからそうなのかな。

 

潰してストレス発散するのはプチプチくらいにとどめておこうよ。

老体に鞭打つ天候の北海道のクラシックラリー2017

北海道全域、やたらと暑いのだ。

すごい心配なのが、クラシックカーというか、夏場はオーバーヒートしそうな名車の数々が集う、クラシックラリーがあって

 

昨日、職場の前から出発していった。

……多分、カウンタックとか、フェラーリとか、ポルシェなんかは知床まで行ってもだいじょうぶだとおもうんだけど、

ミゼットとかトライアンフとか、

この炎天下でちゃんとゴネずに走ってくれるのだろうか?

そう考えると、怖くて涙が出てきそうになっちゃう。

GTロマンでの、卑下の仕方がすごかったから。

 

そんなオイラは、精神科に通ってきた。

オイラもオイラで、オーバーヒートしているんだけど

「まー、毎日出勤できるようになっただけ、いいじゃない。」

と言われると、なんもいえねー。

 

結局、病人のカテゴリで頑張っていたとしても

世間はそんなこと考えちゃくれないわけで、

もう、そうなると何らかの加速度装置を付けないと渡り歩くことができないのでは?

 

というわけで、一定の人々に対する理解がより進むんだけど

これも、両極化していくんだろうな。

 

また、生きる力が失われていくもんだ。

睡眠を肯定することは、肯定ペンギンの揉め事に首を突っ込むような感じだ

2週おきに自分で腹に打ち込むヒュミラ。

そして、その後は半分死んだように眠り込み、起きるとあちこちの関節痛に悩まされる。悩まされるというよりは、過激に痛いわけじゃないから正しくないのだけど、気持ちがうんざりする。

でも、土日は今のところ仕事のシフトは入ってこない。

果たしてラッキー ♪ と喜ぶべきか、

留守番するほど能力が無いことを悲しむべきか、

先のことを予測すると、そのとおりになることが多いので、あまり考えないようにすることにした。

 

昨日は札幌でも暑い日になっていたのだが、職場の空調というのがアルゴリズム狂っていて、お隣さんの先輩社員が

「ここの空調、外が暑くなれば暑くなるほど、冷えるんですよ。」

と教えてくれた。

ということは、雨の日で、気温も上がらずなんとなく気持ちの悪い日は、ぬる〜い感じの空調で、ただイライラだけが募るということなのか。

はたまた、冬になると、寒くなれば寒くなるほど激熱になってしまい、もう仕事してられないくらいアロハな一日を過ごさないといけないのだろうか。

やっぱり、先のことを予測すると、いいことがなさそうなので考えるのをやめて作業に取り組んだ。

 

家に帰るとスリープ状態になっているはずのMacbook late2008のファンが爆音を出していた。

作業もしていないのに、すでにファンが回っているってどれだけMacも腹に据えかねたのだろう。

そういう時はSMCリセットをして

「はて? 私は何処に居たのでしたっけ?」

という風にMacを騙して、ファンも黙らせるんだけど、効果がなさそうなのでやめておいた。

 

家族親族がこぞって、加齢によって病気で入院したりしているので

土日休日と行っても、心はいつも曇っているよ。

皆元気なうちに、すぅーっと居なくなることができれば、辛い思いもしなくて済むのだろうけど。

残って、痛みを背負うというのも、後の世代の役割で、

特に氷河期世代に属していると、他の世代より割りを食っている気がして嫌になるのだけど、

特に、経済に何も作用しないので、放置状態は続くし、それを気にしても仕方がないため、

 

やっぱり、オイラは眠り続けるんだろう。

いつまでも良い子でいようとするのは、自然なのかな?

特訓というのは、往々にして孤独なものだ

 

理由

なんだかんだ言ったって、自分の力不足をほれほれ感じろ、とばかりに時間をすごくわけだから

 

背景

歳をとった、と言うのは理由にならないのだけど、

思いの外、オイラの能力値というのはダメダメに思えて仕方がない。

 

前に自信があったのはいつだったろうと考えると、

国語の偏差値が70を超えたくらい。

……思えば、自然と70を超えたというよりは、浪人から真面目に国語をやり始めて、気が遠くなるような繰り返しと、お金を消費した結果として超えたということだった。

 

そりゃー2年もかければ、大体の人は(飽きることがなければ)それくらいの能力が身につくもんだ。

例えば、これが新卒で結構でっかい会社に入って、手厚い体制でトレーニングをしてくれて、且つ、食べるにも困らず、簡単に首にできないような労働組合があれば

ちっとは心に余裕もできて、飲み込みも早くなるのかもしれないが。

 

オイラの場合、心理的圧迫を受けると

まーまー、うまくいかないときの方が多い。

勝手に放置されていると、自然と自己学習をして成長する、と

自分なりに分析しているのだけど、

 

……今時、そんな流暢に待ってくれる会社というのは無い。

予め、障害者枠として採用されたならいいのだけど、給料が低く抑えられていて

期待以上に成果を出したからと言って、給料が上がるとは限らない、と思うと

自分の身の丈にあった仕事をするというより、結構無理をしてしまうことになる。

 

この病気の悪い方の結果はおおよそ自殺というところに落ち着くのだけど、

そうさせまいと、社会は親切心たっぷりな顔をして、見守ってくれる表情をしながら

結果を速くと求めてくるものだ。

 

そこで、特別カリキュラムとしての特訓というのが世にあるのだけど

意外とその立場にいると、しんどいもんだ。

いっそ、殺してくれちゃってかまわないんだぜ、と感じるくらいに孤独に思うことがある。

 

ま、黙っていてもこの難病と精神病で、職が無かったら何らかの形で死んじゃうんだろうけど、

もっと役に立ちたいもんだよな。せっかく、産んでくれて、良くしてくれる親がいるうちは。